ソウルメイトな着物を求めて

着物を縫う仕事は お客様と直接 お会うことは あまりありません。

しかし 何年も同じ呉服屋さんの仕事をしていると 着物の生地を見ただけで

あのお客様が買ったのかな?と思いますし 実際に伝票を見ると 当たっている事の方が多いです。

人間 違う着物を買っているつもりでも 他人から見ると同じタイプだと思うのです。

友達の彼氏、彼女がいつも 同じタイプの顔と思った事ありませんか?

それはそれで かまわないのですが 衣替えの季節に 着物を並べてみて好きな色が ほんとうに似合う色か?ということを考えてみてもいいかもしれません。

店員の中には 買ったけど どうも私のキャラではないと眠らせている着物があります。普段から 着物を見て すすめる立場の人でも そうしたことがあるのですから 着物選びは奥が深いのです。

中には ソウルメイトの「着物」に出会う事もあります。その着物は 何があっても 手放したくないと思う着物です。みているだけで 気持ちが落ち着いたり、ラッキーを運んでくれる着物。

そんな着物を求めるつもりで 呉服屋をめぐるのもいいかもしれません。

 

正絹の長襦袢は自宅で洗う

たまにある というか わりとよくあるのが 正絹の長襦袢を自宅で水を使って洗ってしまって 縮んだので 呉服屋さんに助けを求めるという事です。

水を使うと必ず縮むと思っていいです。生地によってその収縮率は変わりますので 縮み具合はいろいろですが・・・。

縮んだ形のまま 伸ばすという技術もありますが 元のサイズにはもどせません。もちろんプロに伸ばしてもらわねばなりません。生地によって伸ばせる度合いが異なります。職人さんの技術にも差がありますし、以前どれぐらいなら戻せますかと聞いたけど 数字は忘れてしまいました。「100%戻せるといえる人はいないと思いますよ」と返事がきたことを覚えています。

元にもどしたければ もう一度 糸を抜いて ほどきます。生地の状態にしてから 元の大きさにします。それによって だいたいは 元の大きさになりますが 中には できない時もあります。長襦袢ならやってみてもいいかもしれないと思うのでしょう。クリーニング代を節約したいという願望からきていると思います。半衿の付け替えが面倒だという人もいるでしょう。どちらにしろ着物愛好家でいらっしゃるので 縮んでもめげずに着物を着てくださいと申し上げます。

ネット上では、自宅で着物を洗うのを紹介している人もいます。本もでています。挑戦してみようという気持ちはよくわかります。

ポイントは濡れている時に どうするかということだろうと思います。水に浸した時に みるみるうちに縮むような生地ならば 素人では元に戻すのは困難です。プロでも元には戻せない場合があるのですから・・。それなりに成功した人は 偶然か 本能的によく知っているのか あまり縮まない生地を洗っているのだろうと思います。2センチ縮んで たくさん縮んだと思うか その程度で済んだならば いいと思うのかは その人しだいです。

アイロンも必需品だと思いますが、家庭用の洋服用のアイロン台(60cm×40cmぐらいの)では小さいです。何度も移動させてアイロンをかけなければならないので面倒だと 思ってしまいます。

どうしても洗いたければ 縮んでもそのまま着る着物を洗ってください。生地の風合いなどが失われ 元とは明らかに異なる生地になる時もありますが・・・。昔は自宅で 着物をほどいて竹ぐしをつかって、伸子張りをしました。上等な着物までその方法はしていないと思います。

 

 

 

金額交渉するのは構いませんが・・

安易に 値段を下げさせてもらいますというお店の商品をうっかり買うと 何も言えなくなる時があります。

着物を買ったら 帯がついてきたというのがあるのですが 不思議だと思いませんか? ほんとうに不思議ですね。そうしてサービスされると クレームがいいにくくなるんですよね。

着物は意外に保存場所がいるので やはり これだと思えるものを購入するのがいいと私は思います。部屋を大きくするわけにはいきません。