草履 下駄

浴衣は着れるけど 下駄はそう簡単ではありません。 下駄を履いて歩きたいならば この時期から 慣らしておくのがいいのではと思います。

最近は あきらめて サンダルはいて浴衣の人も多くいますが その場合は 足元にあった着物の長さにしてほしいと思います。

最近の洋靴は やわらかく 軽く クッション性が高い というのが多くみられます。 それで 下駄を履くと かたくて足になじみません。下駄を柔らかくすることはさすがにできませんので 素材の違う下駄も売られるかもしれませんね。木でできていない下駄の形の履物です。

草履の方は違います。かなりのクッション性があって 足が疲れにくくなっていると思います。 でも 一度 草履を買うと なかなか 買い替えることはしません。草履はまず 太い花緒がはやるようになりました。 その方が 花緒擦れがおきにくいからです。 そして 今度は 台の部分の改良です。ぼてっとした 立体感のある草履に足をいれると 台がやわらかいのです。

おためしください。

 

帯を買う時

着物は帯結びが面倒です。

確かにその通りです。祖母は 夏以外は着物を着ていた世代ですが 普段着に名古屋帯なんてとんでもない。

半幅帯です。

いつも同じ帯で 鏡も見ないで着物を着てました。どこかに出かける時でも半幅帯でした。普段は半幅帯 特別な行事の時だけ 名古屋帯を締める。そんな生活でした。

年を重ねるにつれて 帯を結ぶのが大変になります。帯が重く感じたら 帯芯をぬいてしまうという方法もあります。 購入する時に 帯のデザインも大切ですが、重さにも気を配りましょう。

ネットでは 重さを表示することも大切ではないかと思います。

 

ソウルメイトな着物を求めて

着物を縫う仕事は お客様と直接 お会うことは あまりありません。

しかし 何年も同じ呉服屋さんの仕事をしていると 着物の生地を見ただけで

あのお客様が買ったのかな?と思いますし 実際に伝票を見ると 当たっている事の方が多いです。

人間 違う着物を買っているつもりでも 他人から見ると同じタイプだと思うのです。

友達の彼氏、彼女がいつも 同じタイプの顔と思った事ありませんか?

それはそれで かまわないのですが 衣替えの季節に 着物を並べてみて好きな色が ほんとうに似合う色か?ということを考えてみてもいいかもしれません。

店員の中には 買ったけど どうも私のキャラではないと眠らせている着物があります。普段から 着物を見て すすめる立場の人でも そうしたことがあるのですから 着物選びは奥が深いのです。

中には ソウルメイトの「着物」に出会う事もあります。その着物は 何があっても 手放したくないと思う着物です。みているだけで 気持ちが落ち着いたり、ラッキーを運んでくれる着物。

そんな着物を求めるつもりで 呉服屋をめぐるのもいいかもしれません。