もうすぐ成人式

振袖を着るとなれない長い袖を汚すことはよくあることですが、 洗濯ばさみを二つぐらい持って行くと便利です。綺麗なお手洗いに入るというのが前提ですが、帯結びの為に普段の位置で 便座に座れない時もあります。いろいろ 気を使うので うっかりすると床に袖がついていたりします。狭いトイレも 注意したいですね。 

男性が着物を着る時

男性が着物を着る時に 首周りに着物がそっていないと だらしなくみえます。着物を着慣れないからなのか 首回りが大きすぎるのか どちらもなのかと思っています。着物の事を良く知らない人達が縫っているし、寸法を決めています。首周りが大きく作られているのではないかと思います。そして 羽織もそれに輪をかけて大きく縫われている時があるみたいです。専門家には 見ただけで おかしいなぁと感じるのです。

成人式に着物をレンタルする男性もいますが、着付けてもらう時には 首にしっかりそわすようにしてもらってください。 衿がだらしないのはよくありません。

蒸気アイロン

和裁士が着物を仕立てる前には必ず 蒸気アイロンで地のしをします。これが上手にできていないと綺麗な仕立てはできません。 おそらく 着物を着て 保管を繰り返す段階で ちゃんと仕立てができていないので 加減の悪い着物に 早くなっていくでしょう。そうした事が わかっていても とめられない。 結局 お金かと思うと 悲しくなりますね。