副鼻腔炎の治療

抗生物質はお腹の中の菌を殺してしまいます。悪玉も善玉も、どの程度 どっちが多いかで お腹の調子も変わります。長く飲まないのにこしたことはありません。

これからは お医者さんから聞いた治療方法ではありません。ので あくまでも 個人的に こうしてみたという話です。

私の場合 匂いがわからなくなっていますので 匂いを感知する周辺の炎症が強いと考えられます。 その匂いが感じる所は 目と鼻の間ぐらいにあります。その場所に 温度の低い氷を 袋に入れて ずーと 当て続けます。時間がたつと その氷が ぬるぬるになって お湯みたいになります。そうなったら あた新しい氷を用意して 同じ事をします。

そうすることで 鼻のとおりがかなり よくなり さらに マスクをしても いやな匂いが 感じなくなってきました。 あともうちょっとで なおるのでしょうか? なおってほしいと そう願っています。 なおるのと同時に 匂いも戻ってきてほしい ゆっくりとですが。 いきなり にんにくの匂いがわかった時は 強烈でした。

副鼻腔炎の治療

抗生物質を一月ほど 飲んだところで 大きな変化を感じました。それまで ニンニクの匂いすら すごーく鼻の近くに 持ってきて 吸っても わからなかったのですが 冷蔵庫を開けて すぐに 焼肉のたれのにんにくの匂いがわかったのです。そして コーヒーをペーパーフィルターでいれる時 こちらは若干ですが 匂いがわかったのです。 それ以来 マスクをした時に 匂いがこもるのですが それが とても少なくなったのです。

ここまで 来る間 かなり苦しみました。なぜなら 今まで 匂いを感じなかった時は 鼻の中の膿の匂いが 全くわかっていませんでした。マスクをして これが 膿の匂いだと 自覚すると マスクをしていなくても 臭て気持ちが悪いのです。 それで 気分が悪くなり 和裁士の職業病も伴って 臥せってしまいました。

食事と共に このブログは読まないでください。

副鼻腔炎の治療

レントゲンを撮り 若干の影が認められて 炎症が認められましたので 抗生物質を処方されました。 抗生物質は7日分ごと処方してくれます。コロナの影響あって アレルギーの薬を30日間だしてもらっているのに この治療のために 週一の通院です。

最初は 2週間は同じ薬で 抗生物質だけ でも 鼻の中の匂いは そのまま あり続けるので 別の抗生物質にしました。それは 整腸剤も一緒に処方されたので 少し きつめの薬なのでしょう。 それを また 3週間ほど続けました。