着付け 体格の大きい人

女性で60キロ以上ある人は標準寸法の身巾で着るのがだんだん難しくなります。こういう方は長襦袢の身巾に気をつけてください。その前に全身の話です。太った人ほど すこし裾すぼまりに着ることをおすすめします。帯はちょっと高いめで結ぶ。横線ばかり作らないようにする。帯揚げはあまりださない。帯締めはちょっと斜めに結んで見てもいい。向かって左側の人の方がちょっとスリムに見えます。

裾すぼまりになるように着物をきる

 

昔 細かったという人が注意すること

着物は少々太っても着れるといいますが、それは大きな誤解です。少々とはどんなぐらいの少々なのか。私の感覚では5キロ変わるといつもの感覚と違うというのがわかります。10キロ以上太ったことはないですが、それぐらい太ったら そのまま着れると思ってはいけません。
長襦袢の身巾が狭くなっています。長襦袢は対丈で着ます。身巾が狭くなるということは抱き巾も狭いのです。図のように 前合わせの位置が下になってしまいます。

長襦袢の身巾を広くする

このまま長着を着ると当然のことながら 衿あわせが下になります。この図で下品になったと感じる人はなかなかするどい人です。漫画では うまく表現しにくいです。このように半衿まで下になると 着ているときに衿が開いてきます。常に衿をひっぱらないといけなくなります。 着崩れがおきるのです。

長襦袢の衿を高めに

着付け 着物と首の長さ

首の長い人 短い人

首の短い人はファンデーションが衿に付きやすいので 首だけを動かすという動作をできるだけやめることです。デザイン的に首を強調するようなものではなく、シンプルにした方がいいです。
首の長い人は以外に着物が似合わない。似合うようにみせるのが難しいです。衿汚れの危険が首の短い人よりは小さいかもしれませんが・・・。
頭の大きさや着物は同じで首の長さだけ変えた図を見てください。

長襦袢の衿を高めに

首が長いのを短くみせることはできません。頭の上に髪をあげるような髪型よりも 首筋にお団子を作ったりした方がいいです。帯の位置は頭と首の長さをたした分を帯の位置にするといいのではないかと思います。帯を高く結ばない方がいいということです。

髪型で首筋を隠す

左右が首が強調されないようにしてみた場合です。真ん中は上の図の首の長い人をそのまま移動させました。
首の長いモデルさんはいます。着物の本を見ると女優さんにも首の長い人はいます。こういう方達は下から写したり、微妙に首を横に向けたりするポーズをとって、首が長く感じないようにしている場合が多いので、よく観察するといいと思います。

衣紋をぬくことについて

衣紋の抜きすぎは下品になります。うまく抜けないのは最初だけそのう抜けるようになります。うまくぬけない人は長襦袢のところで衣紋抜きをつける方法を紹介していますので 参考にしてください。

衣紋をぬいた方がいい人もいます。首が前についている人や背中が曲がった人です。首の長い人はぬきすぎるとへんです。下品だとかを漫画で描くのはとてもむずかしいので 現実的な話をします。
髪の毛の多い人で生えぎわの濃い人は首から下のうぶ毛もけっこう濃い人がいます。夏になると 脇毛 すね毛 腕毛のお手入れを念入りにします。薄着になると女性はきをつけるのですが、背中のうぶ毛にまで 気のいく人は少ない。でも衣紋をぬくということはそこに陽があたるということです。うぶ毛以外に背中にしみのある人もいます。顔はきれいだけど 背中はきたない せっかくの着物姿がだいなしです。

衣文をぬくなら 背中のお手入れもする

着付け 着崩れないようにするには

長襦袢の着方が大切

長襦袢の着方

長襦袢をいがんで着たら、その上に着る長着をまっすぐ着ても まっすぐ着ているようには見えません。長襦袢の衿が着崩れたら、長着の上から長襦袢を直すのは難しいです。だから 長襦袢をしっかり着る事です。
図では○になっていますが 少々浅めになっています。豊かな胸の人は脇のちょっと下ぐらいに衿がくるぐらい 深くあわせた方がいいです。
女性の場合 胸の下で伊達締めで固定します。前あわせが浅いと すぐに衿元が広がってしまいます。前あわせが浅い人は 半衿のVの部分が下になっています。目安は 鎖骨のちょっと下がVの部分になるように着ます。


着物姿は肩巾が狭いとかっこよく見えます。写真に撮られる時は体を正面に向けずに 横をむくとどんな人でもよく見えます。もし 下半身の太めを隠したかったら 帯揚げの位置に自然な感じで手をそえます。(写真に向けている方の手)そうすると腰を袖が隠してくれます。花嫁が写真を撮る時の扇をなくしたポーズをとるのです。


着物関係の本や雑誌には 補正の方法を写真で説明しています。でもその写真 大きな疑問があります。背の高い人 太った人 などそれぞれのビフォアー アフター が写真に撮られていますが、多くの場合 ビフォアーは正面からの写真 アフターは着物姿が一番かっこよく見えるポーズになっているのです。これでは ほんとにその補正が正しいのかわかりません。人の体形はいろいろです。みんながみんな同じ着物姿になるのはおかしいと思うのですが、ネットで着付けの学校を見ていると先生と生徒の写真が掲載されています。同じ学校の先生と生徒は同じ着方をしています。補正をたくさんすると同じ着方になり 先生の好みの着方になっていないと いろいろ注意されるのかもしれないと邪推したくなります。私は実はほどんど習ったことがないもんで・・・。重要なことは 苦なく着物を着ることであり 着崩れないことです。

『after』 の図がどうしても お腹の突き出た人になってしまう~~~。

左側に体を向けるとかっこよく写れる