年賀状

今年はとても忙しく 年賀状を買う暇もない。そして 図柄を考える暇もないので 年賀状は書くのをやめようかと思っていた時 たまたま 判子が必要な郵便物が届きました。配達の人が「年賀状いりませんか?」と聞かれました。一瞬 どうしようかと思いましたが 購入しました。ここで買わなければ きっと 今年は出さないと思ったからです。

買ったからには 絵を考えようということになり、いい時代になったものですが、「あけましておめでとうございます。」などの文字については ネットから無料で それなりに気に入ったのをダウンロードして 多少 色を変えたりして そして 二日かけてできました。

ところが 何度 試し印刷をしても 複合機がちゃんと動いてくれません。そうした時に することは とりあえず データーを保存して 複合機の電源を一度 切る。しばらくしてから もう一度 挑戦します。 複合機の不具合によって はがきが汚れてしまい そのはがきは出さないで 手数料を払って 綺麗なのに交換してもらう時もあります。 でも その時 インクが 切手の部分を汚ごしてしまうと 交換もできない場合があります。以前 郵便局の人が ほんとうは切手のところが汚れたら 交換不可なんですといわれました。やさしい郵便局の人で つまり プリンターの不具合とわかるし、 年賀状だし 交換してくれたんですね。

郵便局で働く人の年賀状販売ノルマも厳しいものがあると想像できます。少しはお役に立てたでしょうか?