汕頭刺繍 着物

シチヘンゲ

汕頭刺繍は刺繍している所の中心の生地をなくします。穴が開いた状態になるのです。 刺繍の糸の隙間の部分の生地を なくしてしまうわけです。従って 裏側が見えることになるので 普通は白色の胴裏を使うところを 裏地の裾から全部 同じ色にしたりする時あります。

しかし 困るのは 縫込みです。着物は縫込みを裁たないで 仕立てますので 汕頭刺繍が端から端まであるような時は 穴から縫込みまで 見えてしまうのです。 そうしたことが気になっても 仕立てで 隠すとかはできません。 刺繍の技術そのものは よくても デザインとして どうなのかな?と思うときはあります。 全体に汕頭刺繍があるようなのは 金額としても高価です。 帯の締める位置まで 汕頭刺繍がないといけないのだろうかと思うときもあります。帯でこすれて 刺繍が早く傷みます。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました