小袖模様

小袖文様

着物は個々の細かい柄の名称だけでなく 柄の配置で名称があります。現在の長着の形式になる前は小袖を着ていました。小袖の時代から流行した柄の配置があります。江戸時代になると「衣裳雛形」がつくられました。この見本帳を見ながら、着物を作ってもらい購入しました。

これらの柄の配置はだれかが考案して作ったことは確かですが、「まつりごと」の影響もあります。派手な着物を禁止するお触れがだされた時代には地味になるのです。

 

タイトルとURLをコピーしました