食べてすぐ寝たら 牛になる

「食べてすぐに寝たら 牛になる」をネットで検索すると 行儀が悪いから 戒める言い伝えと書いてあるのですが 違うと思います。 行儀が悪いからといって 病気になるわけではありません。

食べてすぐ 寝ることを 繰り返していると 消化が悪くなり病気につながるります。年をとると 背中が曲がり 食道と胃の間が開きます。また 年をとらなくても 姿勢が悪い人や うつむいて仕事をしている人は食道と胃の間が開いてきます。食道と胃の間が 開くと 胃酸が食道にあがりやすくなり 胃酸が食道にあがるたびに 炎症がおきて 逆流性食道炎がおきます。食道の壁は胃酸にたえられません。つまり食道は 胃に入ったら 食道にまた戻るという事は想定していないのです。牛は 反芻(はんすう)する動物ですが 人間は そうではありません。牛のように反芻したら 体に悪いのです。

「一度 胃に入ったものを 口に戻して 又 飲み込めないと思いますけど・・・。」

食事をしたら 1.2時間は 横にならず 起きあがっておくのです。病気になっても できるだけ 起きておく方がいいと思います。

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました