長襦袢のゆのしはしない

長襦袢の生地はゆのしはできているので 仕立てると決まったら すぐに仕立て屋にまわされる生地です。ところが以前 購入されて すぐに仕立てないで ずーと家で保管していたお客様がいました。 何年 そのままだったのかは知りませんが 紙にずーと包んだままでした。 たまたま 何かを思って あけたら 黄色い星がたくさん生地についていました。 もともと白色の黒留袖などの礼装用の下に着る長襦袢です。
お店にやんわりしたクレームがあったわけですが 仕立てた長襦袢で そんなふうになった事がないので 保管状態が悪いか 包んでいた紙との相性が悪いのかということです。お店の対策としては 購入された時に仕立てないお客様には その事実を話して責任は持てませんのでと つげるしかありません。 

浴衣でも 長くほおっておくと 色やけがおき 星がでます。星というのはカビのことをさします。 仕立てないで 長く置いておくと 碌な事はない。
ときどき 見て 風をいれることをお勧めします。一番いいのは 仕立てることだと思いますが・・・。

織りの紬

織りの紬は 仕立てることが決まれば 必ず 湯どおしということをします。詳しい事は知りませんが 紬を織る時 織り糸にのりをつけないとうまく織れないのです。織るのに必要な事でその後はとるわけです。その作業が湯通しです。湯通しすると 生地がやわらかくなります。やわらかくなった生地しか触らない仕立て屋には あまりよくわからない感覚ですが、湯通ししたのとそうでないのとでは違いがあります。 そして 湯通ししないと 将来それが原因で 生地に支障がでるいうのだから 必ず しないといけない作業です。
呉服屋で 紬をさわると「かたい生地ですね」と聞いたら 店員が「決まれば 湯通しにだします。そうしてやわらかくしてから 仕立てますので 着心地はこれではありません」と説明された事がある人もいるのではないでしょうか?
その湯通しは慣習で 仕立てすると決まってからします。 どうして 呉服屋さんに渡す前に しないのか? と聞いても 「なぜだか しません。そうなってます。事前にしても なんの問題もないと思うけど・・・。」なのです。

どうして 私が 事前にしておかないの?と聞くのは 仕立てに時間がかかってしまうからです。 短縮できるであろうと思うことでも 変えない。習慣だからです。

変えられないのには 他の理由があるからという事も考えられますが、こんなちょっとした疑問を呉服屋に聞いても 説得力のある答えは なかなか返ってこないのが業界です。

仮絵羽とゆのし

仮絵羽の筋は 長く仮絵羽に状態が続くと それだけ 筋が消えない 汚れがつくという事がおきます。 汚れがなくとも 筋が消えていないために その筋を隠さねばならないので 希望通りの寸法にならないということがおきます。

筋と色やけの防止 つまり商品価値を下げないためには 仮絵羽をやめることだと思うのです。
さまざまな業界で 改革があると思うのですが 着物の業界は 昔ながらの慣習が続いて、疑問に思うことがあっても 仕事が細分化されているために 仕立て屋が 思うことを 製造する業者に 伝わりません。それは とても残念な事です。

仮絵羽になっていなくても 反物で 試着ができるというような「端縫い」の方法は考えられないのでしょうか?