和裁 道行コートの上仕立て

道行衿の仕立て方に上仕立てとそうでない仕立て方があります。私はたまたま上仕立てを習ったので、そうでない方の詳しい仕立て方はよくわかりません。

上仕立て

上仕立ては表裏両方とも小衿付けを割縫いにしますが、そうでない仕立ては裏側を割縫いにはしないで、肩裏の縫い代が小衿にはいる形になります。

上仕立てでない方法との見分け方

裏の小衿が肩裏に乗っかるような仕立て方になり、千鳥ぐけをしているのをよく見ます。上仕立ての場合は千鳥ぐけはあまりいれないと思います。また ループが肩裏側に向いています。上仕立ての方は小衿の上に肩裏がのるような仕立てになりますので、ループは小衿の上になるように縫いつけます。

割縫いしていない小衿

小衿を割っていない道行コート

 

ループが下向きについています。小衿の縫いこみが小衿側に倒れるので ループを下向きにつけることになります。

ループが下を向く

写真は雨ゴートなのですが、上仕立てではループが上向きになっています。↓

上仕立てはループが上を向く

小衿の表側を拡大 表側は大差ないです。

小衿格の拡大図

 

裏側の小衿部分の拡大 小衿を割らないので 肩裏側にのっかるような感じになります。

裏側の小衿