コロナワクチン予診票

自治体によって 最初に郵送されてくる コロナワクチン接種に必要な書類が異なるって 知っていますか?

コロナワクチンは二回接種します。 送られて来る 封筒の中身は二回分のクーポン券 ワクチンの説明 予診票の書き方の用紙などがはいっています。  予診票が 接種する人が記入して 医者が それを診ながら問診して ワクチン接種が決まります。自治体によって 一回分の予診票が入っていて 二回目は 一回目の接種会場で 一回目が終了したら もらうという制度の自治体があるのです。

大規模会場ではなく 主治医の所で接種する人もいます。その場合 医療機関に予診票が なければなりません。主治医というのは 市が違う事もあります。 つまり A市では予診票を一回目の接種が終了したら 帰る時に 二回目の予診票を持って帰る制度。 B市では封筒に最初から 二回分の予診票を郵送する市。 A市で住んでいるが B市の医療機関で接種する場合 二回目の予診票がないということになるのです。

B市の方が 賢い。 すべての人が 大規模接種会場で 接種するわけではない。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました