ワクチン禁忌

イギリスのワクチン接種率が高く 75 %だとか イギリスの場合 注射は 講習を受けた人でも うてるようにしました。日本では 医者や看護師だけでは不足するので 歯医者も治療で注射をうつから 歯医者さんも動員しました。退職した看護師さんとかにも 協力してもらっています。

日本でも 在宅医療をする場合 家族だけが 講習を受けて 注射をうつことができたと思います。だから 一般の人でも注射はできます。多少 法律を変えればいいのです。 献血の注射みたいに 血管に注射しなければいけない注射ではないから 講習をすれば 注射はうてると思います。

接種した後に 大きな副反応が出る人に 迅速かつ 適切な対応ができるようにすることの方が大切ではないかと 思います。

テレビでは 気分が悪くなったという人の感想が 報道されていないように思います。これから 職場接種が 始まれば 年齢層が低くなり 副反応がでる人も多くなるかもしれません。

今迄とは 作り方か違うワクチンを接種するのですから 接種の記録もちゃんと残してほしいです。何年後かに 悪いことが起きるかもしれないのだから 記録は大切です。ある肝炎の訴訟では 治療したカルテの記録が失われているために補償してもらえませんでした。カルテの保存期間が過ぎているので 医者が悪いわけでもありません。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました