三伏

夏の暑さを乗り気きるために 土用の丑の日にうなぎを食べるという習慣は 平賀源内が 考え出して 広まったというのを聞いた事があります。

三伏は あまり日本ではなじみがありません。 三伏(さんぷく)とは、陰陽五行説に基づく選日の1つで、初伏(しょふく)・中伏(ちゅうふく)・末伏(まっぷく)の総称。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 に説明があります。

韓国語では 三伏を 삼복  初伏を 초복 中伏を중복  末伏を말복  といいます。 韓国では サムゲタン(삼계탕) をよく食べるのだそうです。