即位の礼正殿の儀

天皇が内外に即位したことを宣明する儀式を 見ていました。ほんとうは 見るつもりはなかったのですが 22日は テレビをつけたら その報道ばかりでした。

和裁士としては 衣裳のことが気になります。皇族の最高位の衣裳、各国々の王様をはじめとする王族、各国の元首が 即位の礼にふさわしい服装で参加されています。その反面 我が国の首相の妻が ひざまでのスカート丈のドレスでした。あのような場所では 足は隠します。夫は歴代首相の中で在位期間が一番長い人だったような気がします。以前 その場に相応しくない服装だと 指摘された議員がいましたが、首相の妻がこれだから しかたがない、恥ずかしいなぁと思います。 夫人は公的な人ではないと言いながら 首相が外遊する時は 一緒に政府専用機に乗る人です。ある意味 日本人を代表しているのです。

色留袖にすれば 何の問題もないのに・・・・・。麻生財務大臣の向かって左側に居た女性は麻生夫人なのか?わかりませんが 緑色のドレスに 白い手袋をして ちゃんと扇子を持って 起立していました。あれが正しい作法じゃないかと思います。前列に並んでいた色留袖を着た女性も末広を持った方がいいと思いました。

参列の方々に儀式の進行がどうなっているのか 放送がはいるのかどうかわかりませんが ずーと立ったまま 高齢の方もおられるので 体力がいるなぁと思いました。特に女性皇族の女房装束は重いだろうなぁ と思います。