和裁

シチヘンゲ

和裁だけなら そこまで 痛まないのだろうと思いますが、重いアイロンを持ち上げて 出来上がった着物の検反作業を10か月したら 人差し指が刺すように痛くなりました。痛いからだけで やめたのではありませんが 結局 日常生活 何をしても痛い。

「あっ 痛い!」と思いながら 何もかもしています。文字を書く 缶詰をあける、ジャムやペットボトルを開ける バケツに水をいれる。全部痛い。「痛い」があるので テーブルの物を ちゃんと取れなかったりします。中身がほとんどないコーヒー缶を倒してしまって、ノートを 汚してしまったり、日常生活のこまごましたことすべて 気をつかわないと お掃除仕事が増えるというわけです。

人によるのでしょうが やってみて この仕事をしたら 体が悪くなるとわかったら 続けながら 体を鍛えていくのか やめて 治療して よくなってから次を考えるのか 難しい選択です。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました