国が賠償を認める

公文書改ざんの問題で 改ざんを強いられ 自死した近畿財務局の職員の配偶者が真相を求めておこした裁判が終結しました。一般人が国に対して裁判をおこすなど ほんとうに勇気のいることだと思います。

自死した職員の他に かかわった人が全くいないわけではないでしょう? その人たちはどうしているのかな? 佐川局長は公の場で謝罪することもないのか?

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました