昨日のテレビ

昨日の報道番組で 「第一波の時と今とどう違いますか?」という質問に 最初は変わらないと言われましたが 若い人が増えているというのは そうだと思う。そして 「最初からコロナに感染して入院する患者さん以外に 他の病気で入院する患者さんは 入院前にPCR検査をしますが その時には陰性なのに 入院したら陽性となる人がいます。と言いました。今までは そんなことはなかった。」他の患者さんからコロナが陽性になる事が多くなれば それを 踏まえて コロナ患者の受け入れを おさえなければなりません。入院前の検査の後に コロナに感染したのか 入院して感染したのかはわかりませんが・・・・。

大阪で第四波の医療崩壊が起きた時 同じ事がおきました。入院する前に陰性なのに 入院してから陽性になるのです。

大阪市長は記者会見で 8月に予定されている 大阪市立中学校の修学旅行をするといいました。PCR検査をして陰性の人だけ参加します。と発言しました。1週間ぐらい前から PCR検査を毎日するのでしょうか? 近所の写真屋さんが 「2日3日4日と連休する」と貼り紙がありました。無事に帰ってくるだけでなく その後も無事でいてください。

市長の「五輪はやっている」の発言は耳を疑った。 五輪を開催しているからしていい理由になるのか  ならば これからは すべての事が 緊急事態宣言がでていても五輪をしったからという理屈で通る気がします。
 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました