漢方の上手な飲み方

食後に粉薬を飲むとせっかく食した食べ物の味がまだあるのに 苦い薬を飲むので なんだか美味しさが半減される。子供の頃によく使ったオブラートで飲む。しかし オブラートも完ぺきとはいえない。

処方された二週間分の漢方がビニール袋にまとまって入ってあります。 その袋に漢方の上手な飲み方の絵が印刷されていました。

まず 水かお湯を口にいれて スティックの先をぬらさないように薬を口に入れて もう一度水またはお湯を入れて飲む

う~~~~! 考えただけでも 難しい。最初の水やお湯は口の先にいれなければいけません。 頭をあげれば 水やお湯は口の奥にいってしまいます。だから そうならないように 薬を上手に水またはお湯にめがけていれなければ意味がありません。上手に入れて 再び 水かお湯をいれて飲む。

失敗したら むせて 薬が飲めない。 ひどくむせたら二度とやりたくないと思うでしょう。やっぱり いつもと同じ方法で・・・。

漢方の上手な飲み方

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました