点検

旧統一教会 今は 世界平和統一家庭連合とどのような関係があったかという自民党の点検に安部元首相と細田衆議院議長が対象外になっています。安部元首相は今回の点検が行われることになった事件の当事者ですが お亡くなりになったので 事実関係を確認するのは困難と現首相が発言します。旧統一教会の信者に 選挙運動のボランティアをしてもらったり 票をまとまっていれてもらったりしたという話が 当事者からでています。故安部元首相にお願いしたら 今回は票を回せないと断られ 立候補を断念したという人までいるのです。

自民党の派閥 清和性格研究会 つまり 安部派は 故安部元首相がトップになる前は細田派で 細田議長がトップでした。議長は関連団体の会合に参加していることがわかっているのだそうです。これでは 大企業があって それそれ子会社があるけれど その子会社の社長に問うことなく 子会社の部長や課長や平社員にアンケートをとったような点検だと感じます。その 一方で 亡くなってもいない議長が対象外? なぜ? おおやけにしたら大変なことがあるんだろうと 考える事ができました。 そうおもわれても しかたがありません。

旧統一教会の信者が 日本にそんなにたくさんいるわけでもないのに その票がまとまってはいると 当選すると知って 大きなため息がでます。全体の投票率が低いですよね。投票に行かない人の責任は重いです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました