羽織の紐付け

羽織の紐を通す所を乳つけといいます。乳つけというと 何で乳つけというのですか?と聞かれる時もあります。答えは簡単で 昔はちょうど 乳首の位置に つけたからです。ずいぶん高い位置にあると思うかもしれませんが 紐のたれさがる位置を考えると あるいは 肩に負担を掛けないようにするには その位置の方がいいのだと思います。

その乳つけは衿から少し出るように つけるのですが あまり たくさん出すと めだってよくありません。しかし 少し出すだけにすると 紐がとてもつけにくくて 困ります。

それで どうするかというと 乳付けだけ 少し奥くで縫います。すると 紐をつける時は ひっぱれば 紐の中に余裕があって 紐がつけやすくなるのです。 最近 気がついて 羽織の衿と縫う時は乳つけの所で 縫う位置を変えるようになりました。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました