選択的夫婦別性制度

私は選択的夫婦別性制度に賛成です。結婚する時に姓について話し合うことはいいことだと思います。夫婦が同じ姓でなければならないと考える人とそうでない人とが出会い 恋をして その後 愛し合い 結婚したいと思った時に 姓をどうする? この事がきっかけで 別れる場合もあるでしょう。また 姓についての意見が違っても 結婚が勝れば 気持ちを尊重して 二人で結論をだせばいいのです。そこに 他人の意見は関係ありません。

日本国憲法第二十四条第一項には「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立し 夫婦が同等の権利を有することを基本として 相互の協力により維持されなければならない。」と書いてあります。

私は婚姻で姓を変えるなと言っていません。選択的夫婦別性制度を導入しても 別性ではなく同性を選択する夫婦もいます。結婚を機に姓を変えたい人がいたら それを選択できるのです。人の生き方の選択を広げる法律であって それ以上でもそれ以下でもないです。

通称使用の制度を充実させれば それですむと思っている国会議員の方々は本質をわかっていません。

日本国憲法第二十四条第二項 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。と書いてあります。

旧姓の通称使用の法制度でマイナンバーカードや免許証などに旧姓を表記すれば 既婚か未婚かわかります。なぜ 既婚か未婚がわかるようにするですか? あるいは どうして姓がかわったかどうかがわかるようにしなければならないの? 個人の尊厳を損なうと感じます。結婚すれば 女性は仕事を辞め 子供が生まれれば子育てをする 子供が自立できたころには 親の介護 その間 仕事は夫の扶養家族範囲内 もはや このような生き方が女性の生き方ではないのです。

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました