何事も 着実に一つずつ

着物の仕立ては 出来上がった物を見ると 同じに見えても 縫い方にはいろいろあります。どんな 縫い方でも いえる事は 一つ 縫ったら 今縫ったところがちゃんと縫えているのかを 点検する事です。 気づかずすすんでしまって 後から気がついて 直そうとしても すすみ具合にもよりますが なおしにくくなります。 
すすめばすすむほど なおしが大変になるし 結局 手間がかかるのです。

いつも同じ生地がくるわけではありませんし この着物は これ以上きれいに私には縫えないと言い聞かせる場合もあります。 ふー。