へら印をとる

着物の仕立てでは 寸法の糸印はあまりしません。どちらかというと へらで印をつけます。ならった学校では そうでした。 こてで印をする場合もあります。
単衣の着物で 身幅と裄の縫い直しの依頼があったのですが、その身幅の印がこてで強く大きくついていました。 広くするので 表にしっかりでます。 このへらの強い印は 仕立て屋ではなおせません。
以前 「筋とかは どうやってなおすのですか?」と悉皆屋さんに聞いたら それ専用の薬剤があるということでした。 薬剤まで 使うなら 仕立て屋は持っていないので 綺麗にはできないと思いました。