生産性がないの続き

私の生きている間に技術はどれぐらいすすむのでしょうか? 今 電話は固定電話が家にある人より 携帯電話だけの人の割合が増えつつあると思います。 
目が見えなかったり 耳が聞こえない人などのハンディキャップがある人には 携帯電話ができた事は すばらしいことです。
でも 携帯電話はすべての人がもてる道具ではありません。使いこなせるわけでもありません。中年でも 持っていない人はいます。
持っていて 当たり前 持っている事を前提に 国や地方の制度を作ってほしくありません。

以前 間違え電話で、相手は耳が聞こえにくい人で 「○○病院ですか?」と聞かれるのですが 「ちがいます」と何度言っても わかってもらえず 大変でした。そうした時に相手の電話に文字で 簡単に「おかけ間違いです。」とできないだろうかと思いました。

最初 買う時の電話の機能は 固定電話なみにシンプルにした物が販売されないだろうか?そして 必要なものをダウンロードする 購入する時に これと これと この機能がほしいのです。なんていうのは だめだろうか?