台風で関空が動けなくなった時

 

関空が台風で使えなくなった時 着物の縫製を海外にだすことができず どうしても 国内で縫わないと間に合わないということがありました。その時 仕立ての依頼がありました。

私以外にも そのような経験をした和裁士がいるかもしれません。どんな産業でも同じだと思うのですが、何かあった時の事を考える。自然災害の多い日本では 常に そうした事を考えておく事が必要です。でも 仕事ができるのは 普段 縫っているからできることです。#着物の仕立て