久保田一竹さんの着物

辻が花で有名な故久保田一竹さんの着物は 絞るので 生地巾の広い反物をしようしています。そこに 金糸が織り込んでいるような生地になると ほんとうに重いです。金糸が織り込んでいるようなのは 晴れ着になります。 着物が着物だけに それに見合った帯を締めないとバランスが悪いです。 

何十万だろうと 何百万だろうと 仕立ては変わりませんが 絞りの着物は絞りをつぶさないように 仕立てないといけません。そして 一竹さんだけでなく 絞りの着物を まっすぐに仕上げるというのは 難しいです。