何か物を買う時

先日 日傘を購入する時 私が あれやこれやと 考えている間に 3人が 次から次と来店し 買って行きました。「みんな 決断が早いですね? すごいなぁ 。」 とご主人にいいました。 私は 涼しさと頑丈なのを選択して 8本骨の一枚生地 晴雨兼用の 本藍じゃないけど 藍染の日傘にしました。 その時に この柄は 老けて見えるとか 日傘は大き目の柄の方がいいとか それは 買わなくていいとか いろいろ 教えてもらいました。こうした会話は インターネットでは 経験できないことだと思います。

ほんとうの意味でお客にあった物を提案できる力を養うことは インターネットではできないと思います。 

仕立てをする時 多くは実際に会って仕立てるわけではありません。 会ったことのある人の着物を縫うと時は 寸法以外の何かが働いて 仕立てることになるので 言葉では説明できませんが 着心地が違うと思っています。 お誂えと既製品の違いです。

店で いろいろ見て買わずに インターネットの安い所で買うという人もいますが それを多くの人が続けていると そのうち 店に行っても アドバイスなし 商品が置いてあるだけの店になってしまうかもしれません。 #良いものを買う