この気はいつも頭の片隅にある。

ウクライナとロシアの戦争で 大きく反省すべきは ウクライナの前に起こした チェチェン紛争から クリミア半島の併合までを 大目に見てしまったという点です。日本が 明治維新後 日清 日露 第一次大戦と 連勝したけれどその後 ずたずたになって負けた。でも その変わり 今まで 直接戦争国にはなってはいない。当時 もう戦争はしたくないという 気持ちが 日本人の一人一人の心にあって  憲法9条ができたと思う。

イスラエルとパレスチナは ホロコーストの反省から イスラエルを建国できたが  ユダヤ人は パレスチナ人と平和的に 国を作ることができなかった。しなかった? どっち? わからないけれど 未だに解決しません。 アフガニスタンは 話せば長すぎる 紆余曲折 あって 結局は タリバンが今 支配し 女性が教育を受けられない国に戻った。そして ミャンマーでは 軍が 民に向けて 武器を使用している。 

それぞれの国の人たちに 武器を置いて 話し合いをしてください。と言いたい。本気でやめるための話し合いです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました