着物衿コート(女物)

青い花

着物衿コートの型と寸法など

着物衿コート 棒衿の図

  1. 衿型は棒衿(衿巾一定)とばち衿(裾で広くなる)がある。
  2. 背中心 脇 袖付を縫った後は きせをかけないで 割る。
  3. 衿と立衿は きせをかけても 割ってもどちらでもかまわない。
  4. 立衿巾は着物に準じてよい。着物の衽巾が4寸ならば同じでかまわない。
  5. 身巾は道行コートと同じ寸法でよい。裾すぼまりに仕立てる。
  6. 立衿下がりは 肩山から4寸。
  7. 飾り紐は上前衿の位置が肩山から1尺3寸前後。プラスマイナス5分ぐらいです。
  8. 衿の長さは上前衿につける飾り紐の位置から衿先までが1寸5分から3寸まで。
  9. 飾り紐以外に 内紐がいる。コートの身丈に応じて1組から2組 必要です。
  10. 袖口布 飾り紐 内紐 ループをとり忘れないようにする。
  11. 繰り越しと付けこみ 着物を基準として 繰り越しは2分プラス 付け込みは同寸。
  12. 前落としは基本しない。袖口布や飾り紐の生地がない時は前落としをしてもよい。

着物衿コート ばち衿の図

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました