必ず生地を触ってみる

正絹の着物は どうしても「色やけ」がおきます。

色やけしている着物は 食品の賞味期限きれと変わりありません。

安い価格の着物でなくても 色やけがある時もあります。

中にはびっくりするような色やけがあっても 直さないで仕立てる場合があります。

仕立て屋は販売の現場を見ませんし、ほんとうによくみてお客様が購入しているのかな?と思ってしまう事もよくあります。

あるいは 販売員が説明してご理解いただいてから 買っていただいているのだろうか?と思う時がよくあるのです。

仕立て屋としては生地をよく見てくださいと申し上げたいのですが・・・・。