男物長襦袢の衿の工夫

男性は衣紋を抜かず、首に沿わして着ますが、帯を腰でしめるだけなので、人によっては衿元の着くずれが気になる人もいます。男性で衿元がきになる場合は 長襦袢の衿に紐をつけて、それを結びます。これによって広がるのは防げます。また衿止めといった名称で金具も売られています。

男物長襦袢の衿に紐つける

 

接着タイプのマジックテープの使用は厳禁です。裁縫ができないことを理由に何でもマジックテープを使う人がいますが、接着剤が悪さをします。マジックテープは縫い付けて使用しましょう。

モデルさんの写真を出すわけにもいかないので 絵に描いてみましたが 右が衿元が開きすぎて よくない着方 左が 首にそわして 衿をたたせた着方です。

 

男物の着物の衿

 

男性が長襦袢を着ているのに半襟がみえていないような場合があります。長襦袢の身巾が狭いからそのようになるのかもしれません。