織物編5 糸の撚り方向と平織の関係

織物はさまざまな糸を組み合わせますが, 糸の撚り方向によって 同じ織組織でも外観や地合が変わります。

1.経糸緯糸に同種のより糸を用いた場合

経糸と緯糸の撚り方向が同じ

  • 地合が粗くなる。布面でのより方向が相反するので、組織が不明瞭で、乱反射のため光沢に乏しい。

2. 経糸緯糸に異種のより糸を用いた場合

経糸と緯糸の余技方向が逆

  • 織り目が明らかになり光沢もある。

縦糸と緯糸の接触面を考える

次はちよっと頭を使います。 たて糸とよこ糸の接触面でのより方向を考えます。より方向が同じだと接触面では より方向が同じになります。このようになると 糸の密着度がよくなります。反対に より方向が異種になると接触面ではより方向が交叉しますので糸の密着度が悪くなり 糸が滑りあうために 多孔性になります。

経糸と緯糸の接触面について