スプレー缶の廃棄

大阪市では 平成29年4月24日から 家庭ごみのスプレー缶は 使い切って 残ったガスを抜かずに スプレー缶だけを透明または半透明の袋に入れて 資源ごみの日にだすと決まったそうです。

う! 知らなかった。大阪市のサイトを確認すると ガスは抜かずに だすようにとなっています。 ガスは絶対 抜かずにだすとまでは 掲載されていません。自己責任で安全に 抜くならば いいということなのでしょう。

今までは それぞれの家庭で 使い切った後に ガスをぬいて普通ごみの日に出してください。でした。すごい変わりようだとおもうのですが 市のお知らせ活動は 不足しています。

管理会社からは 何のお知らせも来ません。新聞も近頃はとらない人も多いし 市政たよりを新聞の折り込みチラシで確認した時代は昔です。

収集車の中で スプレー缶が爆発し 火災になり 収集車がつかえなくなる つまり 税金で 収集車を新しく購入することになるわけで 正しい方法で 捨ててほしいです。

しかし ときどき スプレー缶らしきものだけが まとまって袋に入れられて 捨てられているのですが そこに 市のシールが貼ってあって 収拾できませんとしるされているのを見たのですが あれは 出す日が間違っていたのか? どうなんだろうと 思っています。

ごみの出し方に変更がある場合は アベのマスクと同じように 各ポストにすべて お知らせをいれないと 変更になったことに気が付くことができない気がします。

すみません 自分が気がつかなかったもので・・・・。