中村哲さん

2019年12月4日にアフガニスタンで亡くなった。犯人は誰? アフガニスタン人は恩を仇で返したのか?

最近 某新聞で 調べた結果が掲載されていました。襲撃したグループの一人は亡くなっていてその人が生前 「中村を殺すつもりはなかった」というのを聞いていた人がいました。

そこから 襲撃された時にその様子を聞いていた人に取材をしたりして わかったことは 実行犯のグループは 殺すつもりはなくお金のためにしたアフガニスタン人と最初から殺すつもりのパキスタン人だというのです。アフガニスタン政府が犯人を特定したとしても 外国にいる場合は どうにもなりません。

どうしてパキスタン人が殺すの?動機は? 中村さんは井戸や用水路を作って 戦争で荒廃した農地の再生を行いました。パキスタンが源流でアフガニスタンに流れてまたパキスタンに戻るという川があるのですが 水不足でパキスタンでもその川は重要なのです・・・・。

今の 日本でも 田んぼや畑の水問題はあります。田んぼや畑の水はただではありません。リニア新幹線の水問題も大きなことです。

そんな中 アメリカ軍はアフガニスタンから完全撤退の準備をしています。長年 アメリカ軍の通訳をしていた人たちが 通訳者と家族が無事でいられないからと避難できるようにと求めていました。そんな状態でアメリカは撤退するのかと思うと・・・・。

でも 一人を殺したからといって 川の水問題は消えません。そのあたりをもっと深く考えてほしかった。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました