免疫力をあげる

整骨院に置いてある本を いろいろ読んでいます。医院長の読んだ本がいろいろ並んでいるのです。

そこに免疫について書かれている本がありました。

  1.  人は8時間は寝て 骨を休めることが肝心である。
  2.  腸を冷やしてはいけない。
  3.  鼻呼吸をする。

これが大切である。と 途中まで読んでそういうことらしいです。

1番目の理由は 重力から体を守るには 横にならなければならない。意識していないだろうけど 立つということは重力に逆らう事で これには大変なパワーがいるのだということです。

2番目は 冷たいジュースやアイスクリームを年中食べたり エアコンで体を冷やし過ぎている。腸が重要な役割をしているのですが 腸を冷やすという事は 免疫力が落ちて 慢性の病気が治らないとか そうしたことに通じるのです。

三番目 人が大昔に二足歩行をするようになり 地球上でどの動物よりも 言葉を使う動物になりました。それによりさまざまな弊害がうまれます。鼻呼吸がおろそかになっているというのです。

鼻呼吸は赤ちゃんの時に母乳を飲むことで獲得できますが 離乳食にする時期が早すぎて それが アトピーといった病気にもつながっている。赤ちゃんの腸が十分に成長していないのに 離乳食を早く与えているということです、早い離乳食は歯にも影響があり 歯並びにも悪いそうです。

本を読んでも 実践しなければ 意味がありませんね。8時間寝る? もう寝なきゃ!!

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました