基礎編7 衣替え

衣替えとは季節を持つ人々の特権

衣替えのカレンダー

和服は気候調節の為に 袷 単衣 薄物と変えます。それぞれにあわせて帯や帯締めや帯揚げもかえます。
個人的には公序良俗に反しない限り いつどのような和服を着ようと個人の自由だと思っています。日本列島は面積は狭くても南北に長いです。沖縄と北海道ではかなりの気候差があります。一般的な衣替えの時期は近畿地方を中心に考えられたものだと思っています。つまり昔 都があった土地だからです。簡単にいうと5月ごろから9月ごろまで単衣になりそれ以外は袷になります。 7月8月の真夏になると薄物といわれる透けている素材を着ます。普段に着物を着る人が少ないのでウールは単衣で着ることが多いです。


季節別の着物の名称

袷 単衣 胴ぬき 綿入れ

  • 袷(あわせ) 裏の全面に裏地がついた着物の事。10月から5月ぐらいまでの期間に着ます。女物長着の裏地は裾まわし(八掛け)と胴裏に分かれます。 男物長着の裏地は通し裏が一般的で一種類の生地を使います。 黒紋付の正装は八掛けが表生地と同じになります。
  • 単衣(ひとえ) 裏地の付いていない着物の事。6月から9月ぐらいまでの期間に着ます。 7月8月の暑い時は薄くて透ける生地の着物を着ます。 汗取りや補強の目的で部分的に布を付ける時もあります。 下半身の後身頃に付ける物を居敷当、肩の部分に付ける物を肩当といいます。 袖口布や振り口布も着物によっては付けます。
  • 胴ぬき(どうぬき) 袷の胴裏の部分を省く仕立て方を指します。 軽くしたい時や暑いと思う時にこの仕立てをします。 外見的には袷に仕立てているように見えます。
  • 綿入れ(わたいれ) 袷の着物の中に綿を入れて仕立てた着物のことです。家庭や旅館で冬に着る普段着として丹前があります。 これは上方の呼び名で江戸では褞袍(どてら)と呼ぶそうです。しかし発祥の地は江戸初期 神田の堀丹後守の邸まえの湯女風呂だそうです。袖口や振り口や裾のふきの部分に綿を入れる仕立て方もあります。

ご存じのように 温暖化の影響なのか 夏の平均気温が上がってきています。9月といってもまだまだ 暑い日が続く時もあるので あくまでも目安であって臨機応変に温度調節するのがいいと思います。

紗合わせという着物があります。袷でもなく 単衣もない 長着です。
詳しく 知りたいからは 上級編1 紗合わせ をごらんください。

上級編1 紗合わせ >>

基礎編7 袷長着(着物)の裏側から見た図

女物の裏地は二つの部分に分かれます。

kiso7no1

 

女物の裏側は胴裏と八掛けと呼ばれる生地を使います。表地にもよりますが通常は胴裏と八掛けは異なる生地です。胴裏は主に羽二重、八掛けは表生地によって使い分けします。昔は 胴裏部分に紅絹(もみ)という紅い色に染めた胴裏を使っていました。現在はほとんど白です。八掛けは着た時、外からよく見える部分です。胴裏、八掛けの詳しい説明をご覧ください。
胴裏 >>
八掛け 裾回し >>

男物袷長着の裏

通し裏

男物長着通し裏
男物は普通 女物のように胴裏と八掛けには分かれません。身頃部分は一枚の生地になります。袖口布は黒八丈などを使います。最近は経済設計なのか硬い生地が嫌われるのか、袖口布を表地からとる場合もあります。表地にある程度余分がないとできません。表地で袖口布にするとハリのある袖口にはなりません。

黒紋付羽二重

男物黒紋付
男物の正装は通し裏にはしません。女物の八掛け部分を表地でとります。こういう形式を共八掛けといいます。女物でも八掛け部分を表生地と同じにすることを共八掛けといいます。裏地まで表地で仕立てる事で上等を意味します。女物の正装でも同じです。

基礎編7 単衣

女物単衣長着広衿の図

女物単衣長着 広衿 背は背伏せを使う

◎背伏せ

背伏せ単衣は裏地のついていない着物のことです。背縫いの部分を背伏せという布を使ってくるみます。お尻の部分は一番力のかかるところなので補強する為と見た目を綺麗にする為につけます。現在 背伏せは品薄です。背伏せは呉服屋さんか手芸屋さんで売っていますが、必ず置いてあるわけではありません。メーカーも少なく、色の種類も多くありません。不況でどんどん品が悪くなり、色の種類も少なくなっています。着物の色にあわせたいのですが、同じ色というわけにはいきません。

◎衿裏

単衣に仕立てるとしても女物の広衿には必ず衿裏が必要です。絹と化繊があります。表生地が絽や紗の時は絽の裏衿をつけます。木綿の衿裏いうのはありません。需要が少ないので衿裏としては売っていないのです。広衿が希望の方は晒しのような生地などで代用します。衿裏か裏衿なのか どちらが正しいのか?


◎居敷当て

女物単衣 居敷当付き
居敷とはお尻の事です。京都弁なら「おいど」ですが・・・。「居敷き」と日常生活の会話で話している人に会ったことはありませんが・・・。そのお尻の部分を補強するので居敷当といいます。居敷当ての大きさはいろいろです。素材は表生地と同じで、白色をつけるのが基本です。表地が木綿の場合 晒などを使います。でも 少々高価な木綿の着物ですと 居敷当を絹にすると裾さばきがよくなるので 絹の胴裏をつける人もいます。その時によって居敷当もいろいろです。
女物単衣 居敷当つき 居敷当は脇まである
お尻の部分だけに布をつけると表側に縫い目が見えます。
表地が絽や紗の透けた生地に白色の居敷当をつけると表生地が透けているので、白色がよく見えます。居敷当の白と居敷当の付いていない部分と見え方が異なり、変な具合にみえることがあります。そのため 薄物に居敷当をつけるときには脇まである居敷当をつけたりしますが、この場合は後身頃のほとんどが 袷になるので 暑いと感じることもあります。汗よけに 必ず裾よけをつけるこれが基本です。


◎肩当て

女物単衣 肩当つき
肩当は肩の部分が弱くなるのを防ぎます。巾は袖付まであり 長さはいろいろです。身八つ口の下まである時もあります。居敷当や肩当てをつけても、背縫いが見えるところは背伏せをつけます。

肩当て、居敷当、背伏せ、衿裏は表生地とは別に用意する生地です。