和裁初級8 着物のほどき方

ほどく前に必ず糸印をします。

生地の表裏や細かい柄ゆきがわかるように糸じるしをした後で慎重にほどいて行きましょう。にぎりばさみを使ってください。仕立てられてから時間がたっているほど 糸はぬきにくいです。玉止めなどを見ながら大きく引きぬくのではなく こまめに抜いてください。

解く前に糸しるしをつける

ほどく順番

  1. 袖と身頃にわける。袖付からほどいてください。 袖付には身頃と交わる端に留がしてあります。注意してきって下さい
  2. 袖が身頃と分かれたら振り口 袖底 袖口下をほどきます。 丸みは絞ってあるので丁寧にほどきます。 表地と袖口布がついた胴裏とに分かれたら袖口布と胴裏もほどいてください。
  3. 身頃は衿からほどいていきます。
  4. 裏は新しい物と交換するつもりならば表だけをほどけばいいです。
  5. 袷の身頃ならば褄下の裾部分をほどいて中とじをぬいていきます。 その後裾をほどきます。中とじ 裾 身八つ口がほどければ 表地と裏地が離せます。
  6. 表地と裏地が離せれば 衿 衽 脇 背縫い うちあげの順でほどいてください。
  7. 裏の方も使うつもりならほどいてください。
  8. ほどいたあとはアイロンを裏からあてます。 最初にした糸印を絶対はずさないようにしてください

長襦袢や羽織やコートをほどく時でも ほぼ同じです。表側のしるしとどの位置かわかるように印したら、袖を身頃からはなすところからはじめればいいです。

※ 洗い張りに出して戻ってきたら 付けたはずの糸印がなくなっているときがあります。悉皆屋に聞くと 「やわな付け方だと糸がぬける」と返事がきました。洗い張りする時は 亀の子たわしとか洗濯用のブラシでかなりきつくこするため取れるということなのですが、その悉皆屋さん以外の所にだすと 糸印は取れずに戻ってきます。仕立て直す場合にその糸印が重要なものだということを理解しない洗い屋がいることをとても残念に思います。 この糸印があることで 端縫い屋さんの間違いも見つけることができます。なにより 裏表の確認も用意になります。作業効率の事を考えても 大事な印であることを知ってほしいのですが、仕立て屋にしかわからないのだろうかと思ってしまいます。

和裁初級8 端縫い

はぬい用のミシン

仮絵羽とは お店で展示する時に 着物の形になっているものをいいます。購入者が決まると 仮に縫っていたところを解いて 反物の状態にもどします。 これを 「解き端縫い」と言います。
「 解き」はほどくの意味。「端縫い」は端を縫うということです。昔は手で縫っていましたが、「はぬい用のミシン」で縫う方がほとんどです。
実際にこのミシンを見たことはないのですが二種類あります。ほどく時に一本の糸を引っ張ればほどけるタイプと2本の糸を同時に引っ張るとほどけるタイプがあるからです。
端縫いした後は ゆのし などの作業をします。仮絵羽になっていると 仮の折れ筋がついたままになっていますが、そのままでは綺麗に縫えないので 蒸気をあてて 折れ筋を消し そのほか 生地全体を整えていきます。 しわのないきれいな生地にもどします。

仕立て直しや仕立て替えをする時にも着物を解いて端縫いをします。解くと生地が弱いかまだ使えるかもわかります。解く時には埃がいっぱいでてくるときもあり、むせるような時もあります。昔は 着物を自宅でほどく人も多かったので 呉服屋さんでは 細かい料金表示がありました。 今でも 自分で ほどいて 洗い張りしてくださいと頼めば 何もしない着物を持っていくよりも お安くなるはずです。

横方向の端縫い

時にはこんなふうに縫うのを失敗します。 縫う時にはほどくのですからかまいません
端縫いの失敗
裁ち目をあわせて縫うのは以外に難しいです。 耳であわせて縫ってくれるとほどく時にもひっかかりにくいのですが。最終的にゆのしする時 端が耳でないと困るので 両側が耳になるように端縫いします。 針を耳にさすからです。

端縫いをほどく 一本の糸で縫われているタイプ

端縫い(はぬい)
You Tube