居敷当ての交換

居敷当てにはいろいろとあります。その時々で違いますが 表の生地より 居敷当ての方が先に傷んでくる時があります。居敷当ての交換を何度かしたことにより 最初にどの縫い方をすれば 居敷当ての交換がやりやすいかを考えます。

結論はどの方法も一長一短があり、誰もが(仕立て屋)交換しやすい方法は ないと思うようになりました。

交換しやすいというのは 時間がかからなくて 綺麗にできるということです。せっかく綺麗に縫っているのに ほどいてしまうのはもったいないと思うのですが、そう思って 解かないで 縫いつけようとすると 結局 やりにくいので 時間がかかったりするのです。

金額は 一度行えば それが基準になります。時には 前に縫った人より 綺麗に縫いなおしするとか 丈夫にしておくとか そうした事もします。まぁできる範囲内ですが。