裾芯がうつる

袷の着物は裾に芯をいれます。安物はありません。ポリエステルの着物で、裾に芯をいれました。裾の縫込みの巾より 裾芯の巾の方が少し広くなっているのですが、なんと その裾芯が表に写ってしまい 縫込みの上に白い線がでてしまいました。そこまで 表生地がうすくなったのかと思うと 悲しいです。しかたなく 裾芯の見えているところを後から裁つ。この仕事は 裁ってはいけないところ 裁ってしまいそうでこわいのですが。できあがってからやり直しの方がいやなので こわくても 裁つしかありません。想定外というのは いつでも どこでも すぐそばにあるものです。次 来た時は こうしようとか そうしたことを 覚えておく事が大切です。これは どんな仕事でも どんな事でも同じです。