ひっぱられて 着物が傷む。

着物は 長く着ていると 背縫いが一番 早く傷みます。
その位置は 人によって 微妙に変わります。

最近 気がついたのは 背縫いだけでなく 背縫いと同じ位置の腰部分がひっぱられて  きせがなくなる人がいます。これが 毎回続くと まっすぐだった 脇のラインが だるまさんみたいになります。丁度 腰の所なので 着るときに 毎回 強くひっぱっているのだと思います。 そのうち 破れてしまうだろうと 思うぐらい 同じ所が最初に傷んでくるのです。

いがんでしまうと どうやっても なおせません。 全部ほどおいて 生地の整地からはじめないと・・・。縦糸と緯糸がひろがって すだれ見たいになって しまったら なおすこともできなくなります。

着物のメンテナンスは大切ですが メンテナンスで 着る人のくせまでわかってくるのですね。