名古屋帯について

名古屋帯は「一重太鼓が結べる長さの帯です。」というのがわかりやすいと思います。今はほとんどの人がお太鼓結びをするからです。丸帯や袋帯と違って名古屋帯にはいろいろな仕立て方があります。八寸名古屋帯といって芯を入れずに周りをかがる帯があります。真夏以外はいつでも締められる帯です。名古屋帯というのは芯を入れるいれないにかかわらず、垂れの部分は二重になっています。織りの名古屋帯と染の名古屋帯があります。染めの名古屋帯は染め替えられるのもあると思います。織りの帯というのは染め替えはできないと思います。

名古屋帯の構造

名古屋帯の構造

 

あらかじめ胴に巻く部分を折った形で仕立てられています。着るときに胴巻きを折る手間が省けるわけです。

その他の名古屋帯の構造

下のような名古屋帯があったとする

名古屋帯 見本

 

基本の構造は胴まき部分を半分に縫ってしまいますが。この場合は胴回りと手先は半分にしないで広げて仕立てます。胴回りの帯巾を自分で好きに折ることができます。しかし広めに折って結び続けると折った所に線ができてそのうち汚れます。半分に折って締めると両面使って帯が結べます。のちのちの事を考えると半分に折って使った方が長く使えます。良いことは前板がいれやすいです。基本の仕立てでもちょっと別料金になるかもしれませんが前板を入れるポケットを作ってもらうことができます。たたみ易いです。

垂れ先をおりかえして仕立てた名古屋帯

 

胴回りは広げて手先部分は縫うという方法もあります。図では単衣帯の設定になっています。垂と垂の裏側の両端をかがります。帯芯を入れる時には胴回りの部分の両端をそれぞれ折りこんで芯と止めます。

手先を50センチぐらい半分に折ったてかがった

 

名古屋帯で二重太鼓を結べる長さに仕立てる方法

垂先に界きり線がない、落款がないなどの条件はありますが袋帯とほぼ同じ長さに仕立てる事ができます。垂先と手先だけを裏側に折り返します。裏は別布を持ってくるとその代金がいるので帯芯が見える方法で仕立てる場合が多いです。

名古屋帯だけど 袋帯の長さとかわらないように仕立てる