和裁初級2 着物の裁ち方1

裁ち方の種類

  • 長着の裁ち方は大きく三つに分かれます。体格に応じて必要な用尺が変わります。つまり大きくなるにつれて裁ち方が変わるのです。
  • お宮参りの産着を七五三用に仕立てなおす事も場合によってはできます。
  • 「袷の着物」と簡単に呼んでいますが、大人の女性が冬の時期に着る着物の正式名称は大裁(六つ身裁ち)女物袷長着ということになります。
小裁ち 一つ身 2才ぐらいまで着る
二つ身 一つ身とあまり変わらないが 背縫いがある
三つ身 3才~4才ぐらいまで着る
中裁ち 四つ身 5才~6才ぐらいまで着る
五つ身 四つ身より少し大きく作れる
大裁ち 本裁ち 六つ身 大人の裁ち方

大裁ち(六つ身)女物長着の裁ち方

大裁六つ身裁ち女物長着の裁ち方図

 

他にも裁ち方はありますが 基本的にはこのような裁ち方になっています。
他の方法とは 掛け衿を二枚取る方法。衽と衿を縦並びにとらない方法があります。生地に余裕がないとできません。