補正着

補正着は必要でしょうか?

補正は必要な所に必要なだけするのがよろしい。一番肝心なのは  姿勢です。姿勢が悪いのは体によくないです。着物を着れば体のいがみもよくわかります。つまり姿勢が悪い人はどんなに良く見せようとしても限界があるのです。
補正は基本的にタオルかガーゼがあればできますので 補正着を最初から買う必要はありません。慣れてきてから必要を感じれば買えばいいのです。

女性の補正

和装用のブラジャー
和装ではよせてあげてのブラジャーではなく、できるだけ胸を平らにするブラジャーをします。その方が着崩れないのです。和装用をわざわざ買わなくても、スポーツ用のインナーでいいんです。むしろスポーツ用のほうが耐久性 吸湿性 保温性にすぐれています。

ウエストとお尻

腰とお尻の補正に使う道具

女性はバストの下から骨盤の上まで細くなっていきます。この間に帯を巻きますが、胴巻きの巾は4寸ちょっと(16センチぐらい) 横に筋がでないようにタオルを巻きます。ウエストが細ければ細いほど帯が下がってしまいます。最初に締めた位置からづれるのを少しでも減らす役目があります。
お尻は丸の部分がへこんでいる場合が多く 丁度この部分はお太鼓の垂れ先の部分で平らにしている方が帯が崩れにくいです。またどんな人でもお尻全体は丸みがあるので 少し平らにします。

腰とお尻の補正に使う道具腰パットはガーゼで作った簡単なタイプからレースの付いた大層なものまであります。補正着は痩せたり太ったりすれば必要なくなったり、小さくなってしまったりもします。万能なものはありません。
たまに着る程度ならば 着るたびに補正着を作るのはいいですが、よく着物を着る人は使い易く 洗濯し易い方がいいので 様々な補正着が売られています。


ウエストとお尻の両方を一度に補正する

ずぼらな御服屋おかみはウエストに巻いてからお尻にも付けるのがめんどくさく、二つをひっつけた物を作っています。素材は白のキルティング、その他、縁取りのためにバイアステープと前でとめる為にマジックテープをつけています。上の部分を広げることができます。補正の厚みが足りない時はタオルを間にいれる事ができます。下の部分に小さいタオルをいれることもできるのでお尻のへこみを調節する事もできます。

オリジナルウエストとお尻 一度に両方補正
広げた所ウエストの補正が不足の場合はタオルをはさめる


胸元の補正
体型によっては必要ありません。肩がまっすぐの人、いかり肩の人は胸元だけに
上半身は体形によって異なります。大抵の人が肩のすぐ下で鎖骨の細くなるところに凹があります。マジックテープ付きの肩パットのような形をした物を付けます。わたしは肩の凹もありますが、衿をしっかりのせる台を作る事となで肩に見せるために衿元に斜めにタオルを入れます。V字にいれただけだと着付けの時に肩から落ちてしまいます。着るのが「へた」だという意見もありますが、自分で着る時はしゃがんだりする事もあります。
を向くと落ちてしまう時もあります。落ちないようにする為に工夫して作ったのが写真の補正着です。前はタオル、後は綿の生地、ボタンをつけてボタンホールの付いている特殊ゴムで前後を止めます。補正着というのは色っぽくありませんね。
胸元の補正前から胸元の補正後ろから

両方をつけたところ胸元と下半身の補正着 両方つける

帯枕の大きさ 厚み

着物を着て長時間 背もたれのある椅子にすわる場合 帯枕があつみが大きいと背もたれに背中をつけようとしても帯枕にさえぎられます。帯枕の大きさによっては 姿勢が悪くなり 疲れます。
観劇になると 前に座っている人が前のめりになると、後の席にいる人は見えにくくなります。これを防ぐには厚みのない帯枕をするのが一番です。

帯枕の厚みや形をくらべる

↑の帯枕は巾はほぼ同じですが 厚みが違います。半分ぐらいの違いがあります。

帯枕の紐に注目

上の帯枕の欠点
紐の帯枕はあまりよくありません。あばら骨に紐がくいこむ時があるのです。帯をする時に一番いやなのは帯枕の紐がみぞおちにくいこんだり、あばら骨の間にはいる時です。
このようなことにならないためには ガーゼで帯枕全体をくるむのが一番いいです。

ガーゼでくるむ

 

帯結びの基本

帯の基本的な結び方は二種類しかありません。帯には手先と垂れ先があります。最初に手先を上にあげて そこから胴に二回巻き 落ちないように締めたら、手先と垂れ先を結びます。この時  「手先が下にでるように結ぶ」のか「手先が上にでるように結ぶ」 のかこの二つの方法しかないのです。 ここから 手先や垂れ先をさまざまな形にします。
手先を最初に下からでるようにして結ぶ方法が絶対ないとはいいませんが 通常上に出しておきます。

帯を結ぶ時

自分の体の後ろに手を回して帯を結ぶのは大変なことです。小さいころから帯を結んで毎日着物を着る生活ではないからです。でも 年をとってくると 体の柔軟性がおとろえてきます。力も弱ってきます。昔の人もそれは同じ事なので 年をとってくるとそれなりの結び方をしたのです。でも できるだけ後に手をまわして結ぶことがストレッチ体操になっているというのが着物です。

振袖を着る時のような さまざまな帯結びをする場合は 帯がゆるまないように しっかり結びますが、ほとんどの人は 結ばないで ねじったり 装具を使って 落ちないようにしたりします。

後に手をまわさないように あらかじめ 前のところで帯を形作ったりしてから 行う着付けを「前結び」というわけですが 最初から前結びでしていると 後ろに手をまわして 結ぶことが難しくなりますね。それが人間の体なんですね。


帯には 上下方向が決まっているのがあります。

柄には上下の方向が決まっているのもある

例えば 扇が一つ正面にある時は「天」が上になり「要 (かなめ)」が下になります。たとえ 斜めになっていても要が垂れ先の方に向くように結ぶというのが正しいということです。×印の方をみて 「おかしい。」「変だ。」「みょうだ。」と感じるか感じないか人それぞれだと思いますが、感じない人はどうしようもないのです。

「しだれ桜」という結び方を紹介します。

しだれ桜の帯結び

中心部分の扇の柄が図のようになっていたとしたらどうでしょう?左右に出ている部分の柄は省略していますが、全体に柄があると思ってください。左右にでている羽の柄が横を向いたり、斜めに向くことをおかしいとはいわないのですが、中心部分の柄が反対を向くとおかしいという話になるのです。
これを「文化伝統」といいかえることもできます。お金をいただいて着付けをする人はそれなりの責任があります。上下に向きがある柄では正しい方向に帯をしめるという配慮が必要になります。ところが 帯の結び方と柄の関係がうまくいかない場合がありますので どんな結び方をするかわからない振袖用の帯を買う時は扇の柄はさけた方がいいとアドバイスする着付けの人がいます。

帯の前柄

車とクリスマスツリーとうさぎの柄 三つ共 もし反対を向いているとどうなるかを想像してください。 ちょっとおかしいと思えます。こんな柄ないやろうと思う人がいるかもしれませんが 絶対ないとはいえません。

胴まきの柄の方向

ポイント柄の帯というのは お太鼓結びが基本になっています。帯を胴に二回巻く時
右回りでも左回りでもどちらでもかまいませんが 着物の方向にあわせるならば 上から見て時計と同じ方向になります。前の柄が二つある帯も多くあります。 胴に巻く方を二つ折にして 下側が輪にすると上下の方向が正しいようになっているはずです。なっていない帯がないとはいいきれませんが・・・。

青海波という柄があります。この柄は波の柄ですが、魚の鱗から波を図案化したような柄で 横向きに描いたら五月のこいのぼりと同じ柄です。扇と青海波以外に上下に気を使うといえば 文字が描いてある柄 などがあります。