落款の位置

羽織の衿に落款がある時 最近 悩んだことがあるのですが、 羽織の襟は 折り返すので 着た時には 身頃側につく方の面があります。落款をその位置にするように縫う というよりも 私の縫い方では 自然にしていて その位置になるのです。しかし 縫い方にもいろいろあって 表側に見える縫い方もあります。 仕立て屋がいろいろな方法をしていればいいのですが そういうわけでもありません。 仕立て屋も さまざまな縫い方を勉強した方がいいのですが、今は 国内で縫い方を勉強する事がなかなかできません。そんな悲しい時代になったのです。

着物検針

着物を検針器にかけると どんなに調べても針がないのに 針があると ブザーが鳴る時があります。慎重に 調べるけど 染料に何かがあって 鳴る時もあります。 ならない染料で着物を 作ってほしいと思うこともあります、