食事の間隔

会社員や公務員はお昼の時間を自由にできないけど 私は違います。和裁は きりのいいところまでしたいという気持ちの方が強いので 昼すぎても 仕事をし 2時すぎに 昼食をとったりもします。 そうして 朝食から7時間以上 あいてからお昼をとるということを それなりに 繰り返してくると わかることがあります。

それは 朝食から昼食の間が短いと お腹が疲れてくるということです。そして 昼食と夕食の間も短いと 同じことになります。間隔があまりあいていないのに 食べたたら お腹が まだ準備が整っていませんよと 言ってきます。

一日 三食 食べるのがいいとか言われますが 一日三食 食べるたびに 疲れてくるなら 三食はやめたほうがいい。

人にはわからない 自分だけの体の調子というか 体の声を 聞いて 生活するといいと思います。#食事の間隔

子供物 広口袖から丸みのある袖に変更

産着の袖は 袖口がなく 袖丈=袖口になっています。七五三の着物に変更するには 袖を丸みのある形に変更します。

ほどくということはしません。今ある形を利用します。場合によっては 宮参りの産着に 変更する時があるので 必要最低限だけ縫って 仕立て替えます。

お袖は重ねになっていると思います。 下着の袖は 丸みの部分だけを大きめに三角に折って とめておくだけで OKです。

一番外側の着物の袖だけに 丸みをつけます。

袖山から袖口の長さを測って 内袖と外袖の袖口側をくけていきます。丸みを作りたいところにきたら 裏にかえして 袖の丸みを縫っていきます。 そのあと 丸み部分の外側を縫って、丸みをしぼります。表にひっくりかえして アイロンをあてます。

そのアイロンも きれいにあてると また戻した時に 丸みの形がついてしまうので そんなに 形がつくまで アイロンはしません。

あとは下着と丸みをしぼった袖の袖口を中側でとめておいたら 袖はできあがりです。

そのほか 紐の位置も 着せやすいように 変更します。紐は別の紐を作ります。産着に最初についているのは 産着用にとっておきます。

子供編6

最後に身あげをします。肩をつまんで 肩上げ そして 腰あげです。個々のお子さんにあわせるので、詳しくは子供編をご覧ください。#七五三の準備

胃が悪い

口臭がきつくなる時 口の中が原因ではなく 胃が悪い時があります。虫歯をなおし 歯磨きをし 歯石をとっても口臭がきついと人に言われたら 胃の病気を考えたらいいと思います。

食道ヘルニアのある人や 胃と食道の間があいている人は 胃酸が食道まであがってしまい その影響で 口臭がきつくなるのです。逆流性食道炎を患う時もあります。夜 寝ている時に目が覚めて 胃酸が逆流します。胃酸の逆流をおさえるには 夜遅く 食事をしないこと 酒もふくめて これがまず大事です。夜の飲食は 胃の調子を悪くするのです。

たとえ 仕事といえども つきあいが悪いと言われても 人にはそれぞれ 個別に事情があるのです。#むかつく