子供編8 背紋飾り 背守り

背紋飾りや背紋をする理由

背紋飾りの位置
一つ身には背縫いがありません。背縫いの代わりに背紋飾りや背守りをつけます。背縫いのない着物は『魔がさす』という迷信から魔除けの意味があります。現在はほとんど付いていないです。魔除けにこだわる人も少なく、既製品を安く仕上げる為に省いてしまったというのが現状ではないでしょうか。ネットの子供用の着物を見ても背守りなどの説明はありません。アップリケのような梅の背紋飾りのついた三歳女児用の被布を見た事があります。この場合は背紋飾りが売りなのでくわしく説明されていました。


背紋飾りのいろいろ

背紋飾り
パソコンで見ると実物大です。


背守り

背守りにもいろいろあって図は一例です。
男児(雄針)蔭、女児(雌針)陽と説明しているものもあります。女児の方が縫い目をたくさん出すみたいです。家紋に日向紋と日陰紋があるのと同じようなことかもしれません。
そんなに細かくは描けないので大雑把に描いています。奇数の針をさします。 房の長さが10センチぐらいとかいろいろあるようです。

背守り
上は玉止めを作りますが、裾の方にはたくさんの糸を伸ばしておきます。特に結び目はつくらないようで 長く伸ばしておくので ぬけないようです

子供編8 紐飾り

紐付けの縫い目

紐付けも男女で違います。縫い目が反対になるのです。大人用の着物に紐付けはほとんどしませんが、もし紐をつけるならば大人でも同じです。女物は縫い目が上側、男物は縫い目が下側です。
紐と衿の重なる部分には紐の中に紙を入れて補強するのですが、『鳥の子』という紙を使うと昔の教科書には掲載されています。ふすまにつかわれるような上等な和紙ですが、現在の産着に鳥の子の和紙が使われているかどうかは不明です。たぶん普通の紙が使われているのでは?

紐飾りの位置

紐飾りいろいろ

紐飾り

パソコンならば実物大