基礎編4 着物の構造 きせ

着物の重なり方について

着物は生地の重なり方が決まっています。

  • 衿が一番上になります。
  • 袖は身頃の上になります。
  • 脇は前身頃が後身頃の上になります。
  • 衽は前身頃の上になります。
  • 男女の区別はありません。
  • 背は左が上になります。上前が左側なので、着物も左側の方が上になっているのです。
  • 袷の袖は内袖の方が高くなるように仕立てます。
  • 肩山と袖山に縫い目がありません。
  • 洋服のようにバイアスに裁ちません。丈(たけ)方向が生地の縦方向です。
  • 両面着れる着物は便宜上 表と裏を決めます。裏を着る時は、背は右が上になります。

きせ についての説明

きせについて

  • 実際に縫っている所より少し外側を折って出来上がりの仕立てにします。
  • この折り巾をきせといいます。漢字は「被せ」です。少々曲がって縫ってもきせがあるので、折り目をきれいに仕上げることができます。
  • 着物の縫い方の特長に 表裏関係なく縫い糸を表面にださないということがあります。
  • 洋服は表に小さく縫い目をみせる気遣いはありますが、裏側はほとんど気を使いません。
  • 布の間を通って縫っていくのです。この方法は機械では難しいことです。
  • ウールなどの厚みのある生地は縫いこみがごろつくので、きせをかけないで縫い目で割る仕上げ方をします。
  • コート類は異国の衣装を取り入れて作られましたのできせのない仕立て方をするといわれています。コートの衿は割る方が綺麗に仕立てられますので 他の部分も統一したのかもしれません。
  • コートや普段着ではきせがない場合もあります。

基礎編5 着物の部分名称

長着の部分名称

女物長着 広衿の図

部分名称は男女の違いはほとんどありませんが 形の異なる部分は名称が違います。女物は衿の形が二種類あります。

女物長着 広衿

No 名称 No 名称 No 名称
袖口 2 袖口下 4 衿巾
6 抱き巾 7 衿先 8 合褄巾
3 袖巾 33 剣先 35
11 前巾 10 衽巾 29 衽付け線
9 褄下  衿下 広衿は衿巾3寸。好きな巾に折ってきます。

 

女物長着 ばち衿

女物長着 ばち衿の図

No 名称 No 名称 No 名称 No 名称
12 袖山 5 衽下がり 13 肩山 14 袖底
15 内あげ 16 上前脇 17 18 流れ
19 袖付 20 身八つ口 21 振り口 34
ばち衿の巾 衿中心が1寸5分 掛け衿で1寸7分 衿先が2寸の巾

赤色の文字は男女で異なる部分です。部位によっては複数の名称があります。

女物長着 後からの図

女物長着 後ろから見た所

No 名称 NO 名称 No 名称 No 名称
22 丸み 23 内あげ 24 袖丈 26 下前脇
25 後巾 30 肩巾 36 31 衿肩周り
27 背丈 せたけ 背中心 せちゅうしん 身丈 背から 28 身丈肩から

 男物長着 前からの図

 

男物長着 棒衿

44 人形 B 下前身頃 42 掛け衿丈
43 地衿丈 A 右内袖 C 上前身頃
19 袖付 D 左内袖 E 上前衽
G 地衿 F 下前衽 H 掛け衿
H 共衿 32 袖底 男物衿は棒衿 1寸5分の巾

赤色の文字が男女で異なる名称です。部位によっては複数の名称があります。

男物長着後からの図

男物の着物後ろからの図

I 上前後身頃 左後身頃 J 下前後身頃 右後身頃
L 左外袖 K 右外袖

 

男物の内揚げの位置

男物長着 内揚げの位置

男物の内あげは帯を結締める位置です。帯は前をさげて結ぶので前の内あげは一寸下にあります。
女物は前後の内揚げの位置は同じです。仕立て屋によって 男物と同じように前の内揚げの位置を1寸ほど下にする仕立てもあるみたいです。


基礎編5 袷長着部分名称

袷とは 裏地が付いている着物のこと

着服は開口部分の裏地を表に出して仕立てる時があります。裏側を出した部分を「ふき」といいます。通常「袖口」と「裾」はふきがあります。振袖で振り口布が付いている場合は振り口にもふきを作ります。(ふきを出していない仕立てをみたこともあります。)
ふきの説明
袖口には袖口布 振り口には振り口布 裾は裾回しの生地でふきを作ります。

毛抜き合わせ

世間一般では裏側を出さないで、毛抜きのようにぴったりと沿わすのが毛抜き合わせだそうです。私の習った学校では無双袖、羽織、コートの袖口でも髪の毛一本をだして仕立てる、これを毛抜きあわせと習ったのです。学校と世間と異なる場合がほかにもありました。国家検定などの試験の時はどちらを採用しているかを勉強しました。仕立て方はさまざまです。試験に関係なく、いろいろな仕立て方を知っていて損はないと思っていますが、何校もの和裁の学校をいく人は少ないので、最初に習う学校の仕立て方は重要だと思います。

褄の名称

褄とは袷や綿入れの裾ふきの両端のこと。ゆきつまるの意味で、物の端の意から出た名称
この褄の形を指定されてもそのとおりには縫えないです。ふきがふとい打ち掛けの褄を縫う場合は別ですが・・・。褄の形