和裁基礎3 女物の標準寸法

部分名称  寸法
広衿  3寸
撥衿  背中心1寸5分 衿先2寸
つけ込み  3分から5分
袖口  6寸
後巾  8寸
前巾  6寸5分
衽巾  4寸
合褄巾  3寸5分から3寸8分
 衽下がり  6寸
袖丈  1尺3寸から1尺5寸
丸み  5分
袖付 5寸5分 身八つ口 4寸
袖付(帯を下に締める) 6寸 身八つ口 3寸5分
袖付(身巾広い人) 6寸 身八つ口 4寸
図で見る標準寸法

女性の標準寸法 前から

女性の標準寸法 後ろから
衣紋をぬく事と袖付の関係

繰越と付け込みの寸法は首の太さ、肩の厚み、姿勢のよしあし、ぬきたい衣紋の程度で変わります。一般的に付けこみ3分 繰越は5分~7分の間で十分です。
袖付は帯のしめる位置で変わります。大人で身長が140センチ代の人の袖付は5寸~5寸3分ぐらいにする方がいいでしょう。身巾の広い人、背の高い人、帯を低く締める人は6寸、標準は5寸5分です。
繰越を大きく開ける人は付け違いといって前後の袖付寸法を変える人もいます。前袖付を5寸5分、後袖付を5寸というようなぐあいです。でもこれは芸妓さんや舞妓さんの衣装で 一般の人でそこまで衣紋をぬくのは間違っていますので 普通はいたしません。
身八つ口は衿を整える為にあります。手がはいる大きさは必要です。3寸5分から4寸あれば手ははいります。
上記は一般的な標準寸法を示しました。着物は着慣れてくると好みの寸法がうまれてきます。できるだけ体形にあった寸法を割り出して、仕立て上がりが綺麗になる寸法で仕立てると 着易く 保管する時にしわになりにくいです。

和裁基礎3 男物の標準寸法

寸法は尺貫法で記しています。
ここに表記していない寸法は個々の体格から割り出すことになります。 母親が息子の着物を作ったり、夫の着物を作る場合は めんどくさくても しっかり身長、体重、胴周りを聞くことです。そして 相手の嘘も見抜いてほしいです。自己申告だと 少なめに言ったりします。身丈の短い、ちょんちょろりんの着物ができる場合もあります。女性もうそをつきますが、男性もうそつきます。裄を測ったら お腹周りも測ること。

部分名称 寸法
衿巾  1寸5分
つけ込み 3分
袖口 7寸
袖丈 1尺3寸から1尺5寸
人形  2寸5分から3寸
袖付  1尺5分から1尺1寸
前巾  7寸
後巾  8寸
衽巾  4寸
合褄巾  4寸
衽下がり  5寸5分
袖の丸み 5分
図で見る標準寸法

男物の標準寸法 前から男物の標準寸法 後ろから

袖丈は身長により1尺3寸5分 1尺4寸 と5分きざみに長くなります。
身丈は肩で着ると表現しますが、体格や好みの裾位置で変わります。
衿巾1寸5分の棒衿 衿巾が一定 掛け衿の長さはもっと長いのが好みの人もいます。