道中着の上前だけ長い紐

昔から 道中着は 腰の所で紐を結ぶだけなので 襟元がすぐに広がったりして 私はあまり好きではありません。その欠点を補うのに 上前の紐だけを長くして ぐるんと胴に一回巻いて 下前脇の紐と結ぶというのが ありますが その紐は 床につくぐらいの長さになるので 外で脱ぎ着をしたら 紐が汚れないようにときをつけねばなりません。でも 着る時に 紐の事までかまっていられません。 つまり 紐が汚れるわけです。 とてもいいとは思えないのに 今でも そのタイプの道中着の依頼がある。そのタイプの仕立てを見るたびに 綺麗な所でしか着物を着ないのだなと 思います。 (そんなことないわ~~~。)