笹とめ

着物を良く着る人の着物には 袖付けや身八つ口に 笹留め とか ほかにもいろいろ言い方はあるのですが 力布をつけます。表側にでますので 共布で 色柄などがある場合には
できるだけ 残り布の中から 似たような色のところをつけます。
その 笹留めのやり方も 二つあります。どちらがいいというのはないのですが、
私の場合 出来上がりが 袖付けや身八つ口に沿ったようにつける留めの方が好きですが 好きな方が、難しいのです。畳んだ時にも 無理なく落ち着くような気がします。
そのやり方ではなく もう一つの はさむような方法の留めをリクエストされるお店もあります。
帯を締めたあとに 腕を上げるとう動作をした方がいいのですが その時 腕が上がらないのは 帯に身頃がはいりすぎているから 腕が上がらないのです。 腕が上がるように 身八つ口をひっぱりだしますが 手荒にすると それだけで 身八つ口がほつれたりしますので ご注意ください。